Recent Posts

檀家になっているお寺の改装費用の寄付が50万

檀家になっているお寺の改装費用の寄付が50万

私の親族は皆、同じお寺の檀家になっており、情報は筒抜けです。   ある日、親戚か…

身内が亡くなり、初めて知る墓の大切さ

身内が亡くなり、初めて知る墓の大切さ

3年ほど前の夏のおわりに、人生が変わるようなことが起きました。 それまで、とても健康だった…

自覚のない”墓守”には不安しかありません

自覚のない”墓守”には不安しかありません

私の実家は、江戸時代末期から三代続いて夫婦養子という時期があったので、逆に”家”とか”跡取り”といった意識が強く、お墓は一つだけで丁寧に守られてきて、私たちの世代にもあれこれ考えて進めていかなければいけないなという気持ちがありますが。

夫の家の方には、現時点でも問題しか感じません…。

彼の両親のそれぞれの家には”跡取り”が結婚しておらず、その背後にあるお墓やお寺とのお付き合いが全く丁寧に行われてきていないというこの数十年の歴史があります。

舅は次男で、このA家の跡取りになるはずだった長男は結婚していません。

こちらには新潟に菩提寺があった時期と、昭和初期に千葉に来てから建てたお墓があるそうです。

姑のB家の弟がいましたが、これもまた結婚しておらず、その家の名前は継ぐ者もないままに群馬にお墓があったそうですが、それはさすがに「拙い」と思ったのか、姑が10数年前に墓じまいを行って、居住地の神奈川に樹木颯の形で入っていた分のお墓を移しました。

その時点で100万円以上の費用を支出していたようですが。

最大の問題は、そのAB両家の墓守になるはずのうちの夫にその自覚が全くなく、さらにその上の世代と交流を絶ってしまっているという現状です。

夫の両親は20年ほど前に離婚しており、双方のやり取りは断絶しています。

また、夫自身もそのいずれもに良い感情を持っていないので、長い間没交渉になっていて、最低限の法事にのみ夫が出席しているという状態ですが。

両親が高齢化している現在、具体的にいろいろと考えなければならないはずのお墓の問題に全く無頓着なのです。

AB両家の本来の墓守であるはずのA家伯父、B家叔父が自分がいくつ墓を抱えていたか、そしておそらくB家の方は姑がある程度整理をしたはず、としても…我が家からかなり遠方にあるその樹木颯の場所の監理と、A伯父の背後に一体いくつ墓が隠れているのか、等々が全く見えてこないのが恐ろしいです。

そして、そんな夫は”お墓いらない”派です。

大好きなハワイの海にでも散骨してほしい、と言います。

エンディングノートにもそう書いています。
お墓を絶てるのにかかるだろう100万円があったら、それを旅費にして一族で楽しみ、その海に流してくれたらそれでいいよ、と。

いや、あなた自身はそれでいいとは思うけど…。

その上の世代のお墓はどうするの?というと口籠ってしまうのです。

結局、それは夫がスルーしたとしても、息子たちに降りかかってくる災厄にしかならないのでは?

時折さりげなくそんな話をしてみますが。

自覚がないうえに、親たちのことを持ち出されると、トラブルの多かった自身の実家やその一族を批判されていると感じるのか、機嫌が悪くなってしまい、面倒くさいので…私ももう考えないことにしています。

そして、息子たちには私がわかる範囲の状況説明をしたうえで、「いずれ”こういう問題”が起こってくるだろうけれど、君らは関わらなくて済むように、お父さんが死ぬまでにはなんとか整理させるからね」と言っています。

まだそれぞれ夫の両親は健在ですが。

彼らが本当に介護が必要になったり、切羽詰まった時にはちゃんと考えるのかなぁ。

最近こうしたお墓の監理が問題になっていますが。

その殆どは無自覚な”墓守”や、そんなことを考える間もなく生きて亡くなっていった人たちがいろいろと問題になっていたんだろうなぁ、と思っています。

うちだけでなく。

少子高齢化の迫るなかですから。

経済的にゆとりがあるうちにでも何とかしておきましょうね、と思っています。

守るべきお墓、亡くなった人を偲ぶ場所であるはずのお墓が”負の遺産”になったのでは、ちょっと悲しいですからね。

つまるところ墓の問題は家族の軋轢のせい

つまるところ墓の問題は家族の軋轢のせい

「お墓で困ったことは何か」、そう問われて真っ先に思い出されるのは意見の食い違いです。 数年…

お墓が遠すぎるのでお墓参りができない

お墓が遠すぎるのでお墓参りができない

お墓参りやお墓の維持で困っていることは、2つあります。   一つ目はお墓が遠いこ…

結局、誰が墓の守をすると考えているのやら

結局、誰が墓の守をすると考えているのやら

夫の他界した父親の墓についてです。

夫の実家は、やや複雑な家族背景で、夫の両親の墓は、両親二人とも血縁関係のない方の眠られている墓です。

夫の両親には、それぞれの血縁関係のある両親の墓があるのですが、二人とも跡取りではなかったことから、夫の両親は血縁のない養父母の墓を守っていました。

ですが、その夫の両親は、義父母とは仲がよろしくなく、私が夫と結婚したときにも、お盆やお彼岸であっても、墓参りに行こうと言われたことはなく、変わった家だな、くらいに思っていました。

そのような状態だったからでしょうけど、夫の両親は、養父母のお墓ではなく、別のお寺の敷地内に、新たに墓地を購入して、そこに新しい墓を建てて、そこに埋葬してもらいたいと考えていました。実際、夫の父親が母親を残して他界した際、母親に、しっかり墓地をこうしてほしい、という希望を伝えていましたので、その遺言にしたがって、夫の母親は墓を建てました。

その墓というのは、本当に立派な墓でして、その一番端っこに夫の父親の名前が刻んでありました。夫の母親がそこにやがて埋葬される、ということはわかりますが、そのとなりの大きなスペースに誰の名前を書いて、そこに眠ると考えているのか、私には大きな疑問でした。

夫の実家は新幹線に乗っていくようなところにあり、しかも、新幹線の駅から、さらにバスに乗っていかないといけないようなところに墓は立ててあります。夫にとっては、大学生まで生まれ育った地だから、少しはなじみもあるのでしょうけれど、それからもう数十年は別の地で暮らしており、将来ともに、その地に住むつもりはありません。

もちろん、私は、まったく別の地域で生まれ育ち、なんの縁もゆかりもない地ですから、そんなところに眠るつもりなど、到底ありません。

夫がそこに入りたい、と言われれば、それはそのようにしてあげますけれど、当然、私は墓参りには行くつもりはありませんし、ましてや子どもたちもその地にわざわざ墓参りに行くつもりも全くない、といっています。

ということで、夫の育った地域に、二つの墓がある、というこの事実、どうなるのか、本当に私にとっては疑問です。

そもそも、疎遠にされていた夫の両親の養父母の墓がどこにあるのか、私は知りません。

そして、新しく建てた夫の父親の、たいそう立派な墓も、きっとそこに入るのは、夫の母親と、夫くらいでしょう。私の方が先に他界することも考えられますけれど、夫と私の年齢差を考えると、一般的には夫の方が先、と考えられますので、そうなった場合、その二つの墓、だれも世話をする人がいなくなることは目に見えてわかっています。

そういった事情をよく考えて、夫の両親は墓を建てられたのでしょうか。

私の両親ではありませんし、私が夫の両親の墓に口を出すことはできませんけれど、結局、残ったものがその世話を引き受けざるをえない、ということをわかっていて、行われたことでしょうか。

罰当たりな考えでしょうから、面と向かって口にすることはしませんけれど、内心、そのようなことを思っています。

もちろん、夫の血を引く子どもたちが引き受けてくれる、という密かな期待を夫の家族はもっていたのかもしれませんけれど、少なくとも、うちの子どもたちにとって、現実的ではない話です。

夫は、このことを口にすると、私から一気に文句が出てくることはわかっているため、話題をあえてさけます。

避けていくのは勝手ですけれど、私が残った場合、場所も知らない夫の両親の養父母の墓は、本当に無縁仏になりますし、建てたばかりになろうとも、夫の墓を含め、1周忌がすぎたら、墓じまいをさせていただきます、とひそかに思っています。

お墓の維持費や跡継ぎについて困った事

お墓の維持費や跡継ぎについて困った事

うちのお墓は40年以上前に作ったので結構老朽化が進んできております。 2年ほど前に大地震が…

お墓参りが不便で困る

お墓参りが不便で困る

私が先祖のお墓のことで困っているのは、なんといってもお墓参りが大変と思っていることです。 …

これからどうしようかと思っています。

これからどうしようかと思っています。

お墓というと街の中にあるところもありますが、大抵の場合ゴミ処理場とか下水処理場と一緒で街から離れたところにあるというのがよくあります。

私も母親が買ってしまったものですから、私が知らない間に話が進んで気が付くとバスも通っていないような場所にお墓を購入してしまいました。

以前は地方に住んでいましたので、自動車があった訳ですが、仕事の都合上都心近くに引っ越す事となりました。

都心の近くは地方の駐車代とは違い3倍にもなりとても自動車が維持できなくなりました。

ややもすると地方の家賃ぐらいの駐車料金を取られてしまって、どっちが人間の住まいなのか解らないぐらいです。

家賃だけでも大変なのに、車を維持する為に大金を毎月払わなければならないので結果放棄するほかありませんでした。

 

年に一回、他界した父の墓参りをする事にしていますがこの墓参りにかなり骨がいるようになりました。

申し上げた通りバスも通っていない場所に墓地がある為に、近くのバス停から概ね2km程度と徒歩で歩かなければならず、これが夏場にはかなりこたえるのです。

そこで秋に墓参りする事になりました。行って帰ってくるのに4kmの道のりをあるかなければならない。

これを毎年行うのはかなり苦労です。

勿論レンタカーという手もありますので、何回か借りた事があります。

しかしレンタカーは所詮人の車です。

事故や盗難、傷などの不祥事が起きた時にはかなり面倒になる事が借りる前に説明をされます。

自分の車でも事故を起こすと大変なのに、借りた場合営業活動が出来ない部分まで補償しなければならないなどの細かいペナルティーがあります。

乱暴な運転をする方では決してありませんが、もしもという事はあるのです。

じっくり墓参りをする事が出来ないし、寄り道している間に何かあったらと思うとやはり借りた車を利用しての墓参りはリスクが高いと思います。

そういう訳で、最近では、レンタカーではなくバスで近くまで行ってそこから歩くという選択肢をとっている訳です。

 

正直困ったなと思っています。

仕事で疲れているのだから、正直休みの時はゆっくりしたいというのが本音です。

それをハイキングでもないのに歩かなければならない。

まあ体を動かす事はとてもいい事ですが、それでも面倒だという事は思ってしまう訳です。

そこで最近思いついたのは、お墓のスタイルも最近は変って、お骨をビル内の倉庫?みたいな所にあずけてボタン一つでお骨がでてきてというスタイルのお墓?と言えるかどうかは解りませんが、そういうサービスがあるようで電車の中吊りだったと思いますが目をひくようになりました。

これなら割合公共交通機関がそこそこ発達しているところにあるようなので、往復4キロも歩く必要性もないと思いますし、正直今の霊園は管理がかなりずさんなのか正直掃除をしているようには思えませんでした。

母が中心に決めた事もあり、住職ともあまり親睦がある訳でもない上に、自動車で仮に行くにしても農道を通っていくので相当不便でした。トイレもありません。

 

問題はこれらを移動する費用や管理費です。

どれぐらいかかるのかとか、まあどちらにせよお金がかかるというのが実態です。

仕事が変わって住居が変われば自動車を維持する事もありえなくもありませんが、親戚の人もそうですが自動車を使わないとなかなかお墓参りが出来ない環境があるというのが実態のような気がします。

これから母も他界するでしょうから、お墓の管理について一人で悩まなければならない。

相談する人も居ませんし、一体どうしたらいいのか?という事です。

生きていくにもお金がかかりますが、他界つまり人は死んでからもお金や問題が発生するのだと思います。

お墓の供養は時代遅れなのか

お墓の供養は時代遅れなのか

私の家族構成は母50代、父60代、兄30代、私20代となっています。 そして最近祖父が他界…

山の上のお墓

山の上のお墓

我が家のお墓は、山の上のところにあります。 それも、お寺の中でも一二を争う、遠さと高いとこ…