つまるところ墓の問題は家族の軋轢のせい

「お墓で困ったことは何か」、そう問われて真っ先に思い出されるのは意見の食い違いです。

数年前に祖父が亡くなった際に葬儀の形式で揉めたのですが、その時に並列して「お墓をどうするか」という事で両親と祖母がそれぞれの意見を譲ろうとしませんでした。

祖母は昔の人なので「お墓はあったほうがいい」を前提に新しい墓をつくろうとしようとするものの、両親もまた初老を超えてしまったので墓の維持費や設置費などコストをかけたくなかったようです。

自分としても両親の意見の賛成でした。

結局墓を受け継ぐことになれば今度は自分がその維持費を支払うわけですが、残念ながら自分は在宅ワーカーである事を止めるつもりはありません。

つまり低所得なので墓をつくるのは将来を見据えれば無理というわけですが、いつのまにか祖母の子供である父も祖母側に回って結局お墓は立てられることになりました。

ちなみに母の意見は永大供養墓です。

これには互いに亀裂が走ったように見えたものの、祖父の葬儀を執り行おうにも他の人の葬儀が立て込んでしまい、数日待たなくてはならない事態に巻き込まれてのでそれどころではありませんでした。

葬儀社から借りた会場で通夜の形式に従って横たわる祖父の肌、もとい顔が変色している様を見てヒヤリとしたものです。

さて、このように火葬までの葬儀に追われていざ墓をつくると当たり前ですが別の問題が発生しました。

誰も墓守の役目をしようとしないのです。

正しくは祖母たちは彼岸などお墓参りは行うのですが、花を飾った後は放置します。

そのため自分が後片付けをしなくてはならず、ひどくモヤモヤするので現在は何もしていません。

その甲斐あって祖母は父や姉を通して後片付けをさせるようにしているものの、この件でますます自分の家族が嫌になりました。

しかしお墓の問題はこれだけではなく、現在密かに進行している件があるのです。

それは母が「こっちのお墓ではなく、実家のお墓に入りたい」と喋っている事に尽きます。

先述している内容から察せられるように、自分たちの家族は健常ではないです。

むしろ機能不全家族と言っても過言ではありません。

祖母はつねに見栄を張り、父は体面を気にしながら家では酒に溺れ、姉はそんな2人に愛されるように媚びながらもそれ以外の人間に対してマウントをとることに苦心し、母は母親の役割を放棄しています。

こんな家族だともっと早くに気が付いていたら、自分は学生時代に他県の学校に入学して逃げていたでしょうが後の祭りです。

それにこんな家族だと知りながらも現状に甘えている自分もクズの類だと断言できます。

話が脱線してしまいましたが、とにかく母は嫁いだ家に嫌気がさしているので「実家のお墓に入りたい」と語っているわけです。

しかしそれには家族ぐるみの付き合いが必要になります。

調べたところ、たとえ実家であっても嫁いだ家の墓におさまるのが現状です。

もしも実家のお墓に入りたいなら遺言書が必要ですが、自分の主張意外信じていない祖母や昔ならではの伝統が正しいと思っている父は絶対に母をこちらのお墓に入れるのは目に見えています。

そのため法的な力を持つ公正証書遺言をお勧めしているのですがいまいちやる気がないです。

どうやら単純に不満を口にしているだけのようですが、あとを背負わなくてはならない身からすれば冗談ではないです。

病床になって騒がれても面倒であるものの、軽んじられている以上、自分から何を言っても通じないと諦めています。

現在はお墓のことを何も言わなくなりましたが、もしも母が死の淵に身を置く事になったら散骨を業者に依頼しようかと考えています。

母は散骨に関しては気が進まないようですが、実際のところ墓に入らずに済む方法はこれしかないです。少なくとも自分はこの葬儀をしたいと思っています。